虫歯

虫歯

虫歯
なるべく痛くない治療
本当は、虫歯は痛くなる前に治療をしてしまうのが良いのですが、治療を怖がって放置してしまう方も残念ながらいらっしゃるようです。
そういった方のほとんどが、麻酔を打つことに対する恐怖心を持っているようです。実は麻酔を打つ時の痛みというのは、冷たい麻酔液を入れていく時に発生するものです。そのため、吉祥寺の小竹歯科クリニックでは事前に麻酔液を温めるなどして、できるだけ痛みを感じないようにしています。
また、吉祥寺の小竹歯科クリニックでは「できるだけ痛みを感じない打ち方」といった工夫も取り入れています。
歯内療法(根管治療)
虫歯をしばらく放置しておくと、歯の根っこまで虫歯菌に侵されてしまうため、神経を取って根っこの中をきれいにする治療(根管治療)をする必要があります。
また、過去の治療で取り付けた詰め物や被せ物の下で虫歯が進行している場合も、歯の根っこが侵されていて根管治療が必要になることがあります。吉祥寺の小竹歯科クリニックには、根管治療を専門とする歯科医師(根管治療の認定医)がいるため、他院で「抜くしかない」と言われた患者さんでも吉祥寺の小竹歯科クリニックなら可能な限り対応していきたいと思っております。
根管治療が必要かどうかはレントゲンなどを使って撮影してみなければ分かりませんので、歯の表面に異常がなくても腫れや違和感がある時は、すぐにご来院ください。
ホームページを見たとお伝えください 0422-21-4187
診療についてのご相談
アクセス


所在地
〒180-0001
東京都武蔵野市吉祥寺北町
1-11-1-101

診療時間
10:00〜13:00
14:00〜19:00

休診日
水曜・日曜・祝日

詳しくはこちら