小竹歯科クリニック

2013年2月27日 水曜日

親知らずを抜歯するのは何故でしょうか

当院では、なるべく歯を抜かずに治療することを考えておりますが、親知らずの場合、お口の中の環境を総合的に判断し、早い段階で抜歯をお勧めするケースもございます。
それでは、どのようなケースで抜歯をお勧めするのでしょうか。

まず、親知らずは一番奥にある歯なので、どうしても歯磨きをきちんと行うことができずに虫歯や歯周病になってしまう可能性がとても高く、そうなれば隣の健康な歯にまで悪影響を及ばしてしまうので、そうなる前に抜歯するというケースがあります。
親知らずは、横向きに生えてきたり、歯の一部分のみ歯肉から中途半端な形で生えてきたりと、キレイに生えてくるとは限りません。

そういった場合はますます歯肉の隙間に食べ物がたまりやすく細菌の感染をたやすく引き起こしてしまうので、抜歯したほうが良いと言えるでしょう。

また、親知らずが生えてきたことによって、他の歯が圧迫され、歯並びが悪くなってしまう恐れがある場合にも、抜いておこうという判断になるかと思います。
親知らずの生え方は千差万別で、親知らずが生えてくる人の顎の形、歯の形状や状態も人それぞれです。

当院は、口腔外科専門医が患者さまお一人お一人の状態を診察し、抜歯するかしないかの判断を下しますので、安心です。
親知らずをどうするべきかお悩みの方は、口腔外科専門医のいる山口歯科にご相談ください。

投稿者 小竹歯科クリニック | 記事URL

2013年2月27日 水曜日

親知らずの相談は口腔外科専門医のいる山口歯科に

歯には、犬歯、中切歯など、それぞれ名前がついていますが、なかでもユニークなのが親知らずではないでしょうか。
その名の由来は諸説あって、通常永久歯は乳歯が抜けたあとに生えてくるので、乳歯を永久歯の「親」とみなすと、親知らずは対応する乳歯なくして生えてくる、つまり、親がない歯ということで親知らずと命名されたという説や、親知らずは18歳から20歳頃生えてくるため、40歳前後が平均寿命だった頃の人たちは、自分の子どもの親知らずが生えてくる前に亡くなってしまってこの歯を見ることが出来なかった、という説もあります。

また、親知らずが生えてくる18歳から20歳前後というのはちょうど親元を離れるころと重なるので、親が歯の生え始めを知らないために、親知らずという名がついたとも言われています。

ところで、親知らずは英語でも「親知らず」というのでしょうか。
英語では、「wisdom-tooth」とされており、物事の分別がつく年頃になってから生えてくる歯という風に解されています。

日本語でも、親知らずのほかに、知歯、智歯とも言われています。
親知らずは生えてくる場合と生えてこない場合がありますが、なかには早めに抜歯したほうが良い場合もあります。

当院の院長は、口腔外科専門医ですので、親知らずに関するご相談は安心してお気軽にお寄せください。

投稿者 小竹歯科クリニック | 記事URL

2013年2月20日 水曜日

PMTCで虫歯の母子感染を防ぎましょう

前回のブログで、お子様の歯が虫歯にならないようにするには、毎日の歯磨きと当院での予防歯科をおすすめさせていただきました。
もうひとつおすすめさせていただきたいこととして、お子様と接する時間が一番長いお母様自身の虫歯治療と予防があります。

生後約10ヶ月から31ヶ月の間で、虫歯の菌は母親から子どもへと感染していくため、お子様の虫歯を予防するためには、お母様自身のお口のなかの虫歯菌を退治する必要があります。
また、今ある虫歯を治療することも重要ですが、虫歯を未然に防ぐためには、PMTCを定期的に受けることが望ましいでしょう。

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科医師、歯科衛生士などの専門家が、さまざまな専門器具やフッ化物入りペーストを用いて、すべての歯面とその周辺のプラーク(歯垢)を除去する方法です。

これによって普段の歯磨きでは落とせない、歯の表面についた、歯垢やコーヒー・紅茶等の茶しぶといった沈着物などを綺麗に落とすことができるので、虫歯や歯周病の予防に効果てきめんです。
また、歯が白くツルツルピカピカになるので、良いリフレッシュにもなります。

このPMTCを定期的に受けることで、お母様の虫歯を効果的に予防でき、お子様への虫歯菌の感染を防ぐことができます。
育児でなかなか時間がとれないという方もいらっしゃるかと思いますが、お子様とご自身の歯の健康のため、できれば半年に一度は当院のPMTCを受けていただくことをおすすめさせていただきます。

投稿者 小竹歯科クリニック | 記事URL

2013年2月20日 水曜日

小児予防歯科の重要性

当山口歯科では、お子様の大切な歯を守るための予防歯科にも力を入れています。
子どもの歯は、生後約6から7ヶ月頃、下の前歯から生え始めます。

なかには、乳歯はいずれ永久歯に生え替わるため抜け落ちるので入念な手入れは要らないと思っている親御さんもいらっしゃるようですが、それは間違いです。
乳歯を虫歯にしてしまうと、その後に生えてくる永久歯にも悪影響を及ぼしてしまいます。

永久歯の歯並びが悪くなったり、かみ合わせが悪くなったり、虫歯ができやすい歯になってしまうのです。
そのため歯が生え始めたら直ぐに歯磨きを始めるようにしなければなりません。
歯磨きを嫌がってのけぞったり、泣きわめいたりされると親御さんとしても辛いでしょうが、そこは心を鬼にして、お子さんが将来にわたって健康な歯を維持するためにもしっかりと歯磨きをするようにしてください。

当院では、お子様に、痛くない歯のクリーニングや歯を強くするフッ素の塗布を行なっています。
お子様の歯に関するご相談は山口歯科までお寄せください。

投稿者 小竹歯科クリニック | 記事URL

2013年2月13日 水曜日

白い歯が輝く笑顔で新しい出会いを

関東でも梅の便りが届くなど、春が待ち遠しい季節となってきました。
卒業、入学、入社などが相次ぐこれからのシーズンは、素晴らしい出会いのシーズンでもあります。

そんな人と人との出会いにかかせないのが挨拶、そして笑顔ですが、皆さまは自信をもって笑顔を見せられますか。
なかには、歯並びが悪くて笑顔をつくれない、歯が黄ばんでいて恥ずかしいので笑顔になれないという方もいらっしゃると思います。
そのようなお悩みをお持ちの方は、是非当院にご相談ください。

当院では、歯並びの矯正治療ならびに、歯を白くする治療を行っています。矯正に関しては、月初めの水曜日には無料の矯正相談時間を設けています。
煙草による歯の黄ばみやコーヒー、ワインなどによる着色を落としたい方は、ご予算や歯の状態から4通りの方法をお選びいただけます。

こちらに関しても随時問い合わせを承っています。
歯並びの悪さや歯の黄ばみは治療可能です。
そのようなお悩みで自然な笑顔がつくれないのはもったいないことです。

出会いのシーズンを前に、笑顔を向けられない原因となっている歯並びや歯の黄ばみの治療をしてみませんか。
きっとその先には、皆さまの素敵な笑顔と素晴らしい出会いが待っているはずです。

投稿者 小竹歯科クリニック | 記事URL

ホームページを見たとお伝えください 0422-21-4187
診療についてのご相談
アクセス


所在地
〒180-0001
東京都武蔵野市吉祥寺北町
1-11-1-101

診療時間
10:00〜13:00
14:00〜19:00

休診日
水曜・日曜・祝日

詳しくはこちら