小竹歯科クリニック

2013年2月27日 水曜日

親知らずを抜歯するのは何故でしょうか

当院では、なるべく歯を抜かずに治療することを考えておりますが、親知らずの場合、お口の中の環境を総合的に判断し、早い段階で抜歯をお勧めするケースもございます。
それでは、どのようなケースで抜歯をお勧めするのでしょうか。

まず、親知らずは一番奥にある歯なので、どうしても歯磨きをきちんと行うことができずに虫歯や歯周病になってしまう可能性がとても高く、そうなれば隣の健康な歯にまで悪影響を及ばしてしまうので、そうなる前に抜歯するというケースがあります。
親知らずは、横向きに生えてきたり、歯の一部分のみ歯肉から中途半端な形で生えてきたりと、キレイに生えてくるとは限りません。

そういった場合はますます歯肉の隙間に食べ物がたまりやすく細菌の感染をたやすく引き起こしてしまうので、抜歯したほうが良いと言えるでしょう。

また、親知らずが生えてきたことによって、他の歯が圧迫され、歯並びが悪くなってしまう恐れがある場合にも、抜いておこうという判断になるかと思います。
親知らずの生え方は千差万別で、親知らずが生えてくる人の顎の形、歯の形状や状態も人それぞれです。

当院は、口腔外科専門医が患者さまお一人お一人の状態を診察し、抜歯するかしないかの判断を下しますので、安心です。
親知らずをどうするべきかお悩みの方は、口腔外科専門医のいる山口歯科にご相談ください。

投稿者 小竹歯科クリニック

ホームページを見たとお伝えください 0422-21-4187
診療についてのご相談
アクセス


所在地
〒180-0001
東京都武蔵野市吉祥寺北町
1-11-1-101

診療時間
10:00〜13:00
14:00〜19:00

休診日
水曜・日曜・祝日

詳しくはこちら