小竹歯科クリニック

2013年2月20日 水曜日

小児予防歯科の重要性

当山口歯科では、お子様の大切な歯を守るための予防歯科にも力を入れています。
子どもの歯は、生後約6から7ヶ月頃、下の前歯から生え始めます。

なかには、乳歯はいずれ永久歯に生え替わるため抜け落ちるので入念な手入れは要らないと思っている親御さんもいらっしゃるようですが、それは間違いです。
乳歯を虫歯にしてしまうと、その後に生えてくる永久歯にも悪影響を及ぼしてしまいます。

永久歯の歯並びが悪くなったり、かみ合わせが悪くなったり、虫歯ができやすい歯になってしまうのです。
そのため歯が生え始めたら直ぐに歯磨きを始めるようにしなければなりません。
歯磨きを嫌がってのけぞったり、泣きわめいたりされると親御さんとしても辛いでしょうが、そこは心を鬼にして、お子さんが将来にわたって健康な歯を維持するためにもしっかりと歯磨きをするようにしてください。

当院では、お子様に、痛くない歯のクリーニングや歯を強くするフッ素の塗布を行なっています。
お子様の歯に関するご相談は山口歯科までお寄せください。

投稿者 小竹歯科クリニック

ホームページを見たとお伝えください 0422-21-4187
診療についてのご相談
アクセス


所在地
〒180-0001
東京都武蔵野市吉祥寺北町
1-11-1-101

診療時間
10:00〜13:00
14:00〜19:00

休診日
水曜・日曜・祝日

詳しくはこちら