小竹歯科クリニック

2012年10月31日 水曜日

三鷹の地でミニマル・インターベンションと呼ばれる治療を意識して日々診療をしています

三鷹の地に根差し、地域のかかりつけの歯科医院となれるよう日々努力を行っている当院では、歯科全般について治療を行っています。
一般歯科、虫歯治療においては、ミニマル・インターベンションと呼ばれる治療を意識し日々治療を行っています。

ミニマル・インターベンションとは、歯の治療において、歯質や歯髄への犠牲を最小限に抑え、本当に悪くなった所だけを削除して修復する治療法のことを言います。
現在歯科会ではこのミニマル・インターベンションが大きく浸透してきています。


できるだけ歯を削らず、神経をとらず、自分の歯をできるだけ残して、歯の寿命を長くすることをコンセプトとしている治療法です。
また、当院では滅菌にも注意を払い治療に使用する機材はできる限り使い捨てを心がけています。
金属アレルギーや花粉症などの自己免疫に由来する疾患の原因の一つとして歯科用金属の金属イオンの溶出があります。

セラミックスやチタンなどのアルルギーのリスクを抑える新療法もあります。
歯周病治療成人の約80パーセントが歯周病にかかっていると言われています。


虫歯が無くても歯周病が進行してしまい、歯ぐきや骨を悪くして健康な歯がぐらぐらになっている歯槽膿漏の患者さんをよく見かけます。
歯を失う前にしっかりとしたケアを行いリスク管理をしていきます。


口内環境はひとりひとり違い個人差があります。
三鷹の地で地域の人々のかかりつけの歯科医院として、ひとりひとりの患者さんに合った丁寧な診療を行っていきたいと思っています。

投稿者 小竹歯科クリニック

ホームページを見たとお伝えください 0422-21-4187
診療についてのご相談
アクセス


所在地
〒180-0001
東京都武蔵野市吉祥寺北町
1-11-1-101

診療時間
10:00〜13:00
14:00〜19:00

休診日
水曜・日曜・祝日

詳しくはこちら